06_グラフ_ビジネスツール_icatch

クラウド会計・確定申告ソフトの選び方(freee・MFクラウド会計の特徴・おすすめポイント)

更新日:

このページでは、フリーランスのクラウド会計・確定申告ソフトの選び方について書いています。

紹介するのは2大クラウド会計ソフトの、feee(フリー)とMFクラウド。

この2つはどちらを使っても問題ありません。機能的にはどちらも必要十分かつ便利で簡単に確定申告までできます。

だからこそ迷う人も多いので、それぞれの特徴と選択するポイントを書いておきます。

ちなみに筆者は、どちらも無料体験して操作してみた上で最終的にMFクラウドを使っています。

機能には制限がありますが、どちらも無料体験で十分に使い勝手は分かりますので、自分で操作してみることをおすすめします。

クラウド会計ソフトを導入すべき理由

会計というと、なんだかとても専門的で面倒くさい気がすると思います。筆者もそうでした。

でも実際にやり始めてみると、意外とそんなことはありせん。はじめに基本だけ頑張って理解しておけば、事務処理自体はすぐに覚えることができます。

また、会計処理を自分でこなしておくことで、税金のことや利益と経費のことなど、「個人の時代に、自分の力で立って生きる」ために必要な知識が身についてきます。

ですので、フリーランスとして独立するのならば、経営感覚を磨くという意味でも、絶対に取り入れておくべきものです。

そこでまずは、「freee」と「MFクラウド」に関係なく、「クラウド会計ソフト」全体としてのメリットを書いておきます。

  • WindowsでもMacでも使える
  • 銀行・クレジットカード・WEBサービスと連携できる
  • スマホで使えるアプリがある
  • 簡単に青色申告に対応できる
  • 手間を省いて入力できる
  • 時間コストを考えると安い

WindowsでもMacでも使える

大きなメリットの一つは、パソコンの環境に依存しないということです。インターネットさえ繋がっていれば、WindowsでもMacでも使えます。

ちなみに、パソコンにインストールするタイプの会計ソフトの場合は、Macに対応していない場合が多いです。

フリーランスの中でもデザイナーの場合は、Macを使っている人が圧倒的に多いと思いますが、そのような場合でも安心して利用を始めることができます。

銀行・クレジットカード・WEBサービスと連携できる

銀行の口座やクレジットカードと連携することで、簡単に入力ができるようになります。

データは勝手に取り込んでくれるので、後は確認してボタンを押すだけで終了です。いちいち通帳や取引明細を見ながら打ち込む必要はありません。

また同じように、amazonなどのネットショップ関係やアフィリエイト関係のサービスなど、非常に多くのWEBサービスと連携することができます。これは本当に大きな利点です。

スマホで使えるアプリがある

そしてスマホで使えるアプリがあることも、大きなメリットです。

スマホで会計・経理に関する確認や処理ができることは、一人で動きまわる「個人事業主」にとっては、大きなメリットです。

一人で営業・マーケテイング、事務処理、会計など、すべてをこなす訳なので、効率化の意味でも、どこにいても使えることはとても大切です。

なお、機能に関しては、「freee」と「MFクラウド確定申告」のそれぞれで特徴があるので後述します。

簡単に青色申告に対応できる

ここでは詳しく書きませんが、「65万円が所得から控除できる」など、メリットの多い青色申告に簡単に対応できます。

「複式簿記」が必要であることなどが障壁になって、エクセルを使って白色申告で済ます人が筆者の周りにも多いです。

でも、クラウド会計ソフトを利用すると、普通に売上と経費を入力しておけば、「複式簿記」は勝手にソフトがやってくれます

最終的に必要な決算書(損益計算書や貸借対照表など)も自動で作ってくれますし、確定申告の書類も必要事項の入力だけで簡単にできます。

手間を省いて入力できる

しかも、とても賢いんです。

一度「本」は「新聞図書費」などと入力をしておけば、次回からは自動で判断して入力してくれます。あとは、確認だけしてボタンを1回ポチっとするだけ。とても簡単です。

フリーランスは経費の項目や入力する内容も限られている場合が多いので、はじめの数ヶ月だけちやんと入力しておくと、あとはポチポチするだけで終わってしまいます。

導入から始めの数ヶ月は、慣れないので大変かもしれませんが、その後はあまり手間がかかりません。

時間コストを考えると安い

上記のように「大きく手間が省ける」にも関わらず、フリーランスには必要十分なスタートプランは「月額900円程度」で年間でも10,000円程度です。

1日は24時間しかありません。すべてを1人でこなすフリーランス・個人事業主にとっては「時間コストを考えると安い」と思います。

「freee」と「MFクラウド」の特徴比較

では次に、「freee」と「MFクラウド」のサービスをそれぞれ比較してみます。ちなみに今まで書いてきた通り、「会計ソフト」としての機能はどちらも必要十分です。

では、どこを基準に選べば良いかというと「使い方」です。クラウド会計で「何を重要視」するのかによって選べば良いです。

下記にフリーランスとして筆者が特に気になり、重点的に比較したものを記載します。

「freee」と「MFクラウド確定申告」のサービスを比較して、大きな違いは「freee」は視覚的・感覚的であり、「MFクラウド確定申告」はロジカル・文書的という感じです。

 freee  MFクラウド
 料金(スタートプランの場合) 980円 / 月・9,800 / 年(税抜)  800円 /月・8,800円 /年(税抜)
 入力方法の特徴  視覚的で補足説明が豊富  知識がないと分かりづらい
 スマホでの経理処理  可能・レシートから取り込み可  別サービスと連携が必要
 スマホでの管理会計(レポート確認)  不可  可能
 見積り書・請求書との連携  サービス内で作成・連携可能  他サービスとの連携が必要
 銀行やWEBサービスとの連携  可能  可能(非常に多い)
 確定申告の分かりやすさ  簡単・分かりやすい 簡単・ 少し迷う

freeeの特徴

freee公式サイト

freee公式サイト:https://www.freee.co.jp/

感覚的な処理ができる

freeeは、とにかく感覚的に経理処理と確定申告ができます。

例えば「本」は「新聞図書費」であるといった処理も、補足説明が簡易な一般的なものになっていて、考えたり調べたりしなくても入力可能です。

下記の画像のように、全部説明してくれているので、なんとなく入力できちゃいます。

これはMFクラウド確定申告より勝っています。

デメリットとしては、感覚的にしてしまうので、会計や経理の知識は身につき難いと感じます。

freeeの画面キャプチャ

freeeの画面

スマホで経理処理ができる

freeeはスマホのアプリで、経費などの入力から確定申告の書類作成までできてしまいます。

また、スマホで写真を撮ることで、レシートから文字情報を抽出して入力もしてくれます。経費を使ったその場で、入力できるということです。

これらのこのとは、MFクラウドではできません。レシートとの取り込みに関しては「MFクラウド経費」という別サービスを契約すれば可能ですが、別料金が必要です。

見積り書・請求書との連携が簡単

freeeは、標準で見積り書・請求書などを作成・管理する機能がついており、会計ソフトと連携して売上なども取り込むことができます。

ワンストップで作業できるのは大きな特徴であり、メリットです。

MFクラウド確定申告は、「MFクラウド請求書」という別サービスを契約すれば可能ですが、別料金が必要です。

MFクラウドの特徴

MFクラウドの公式サイトキャプチャ

MFクラウドの公式サイト:https://biz.moneyforward.com/tax_return

ロジカル・文書的な画面構成

ロジカル・文書的というと分かりにくいですが、一般的な会計用語を利用して、一般的な会計ソフトに近い使い方ができると考えもらえれば良いと思います。

ですので、用語などを多少知っていなければ、どこに何を入力したら良いかが分かりにくいです。逆に多少の知識がある方は、言い回しが周りくどくなくて使いやすいはずです。

また、はじめは大変ですが、必死に考えてする分、知識も身につきやすいと思います。そういう意味では、将来的に税理士などの専門家にお願いしたり、相談したりする際には有利に働くと思います。

スマホで資金繰りやレポートが確認できる

freeeのスマホアプリは経理ソフトというイメージですが、MFクラウド確定申告のスマホアプリは管理会計のツールというイメージです。

具体的には、銀行の残高や売上や経費はもちろん、資金繰りや控除後所得金額がグラフ等で確認できます。

どこでも「経営」を意識することができるのが、最大のメリットです。

外部サービスとの連携が豊富

freeeも多くの外部サービスとの連携ができますが、MFクラウドの方がより多くのサービスと連携できて、連携が正確だと感じます。

双方とも随時連携サービスは増加していますし、これは僕の感覚なので一概には言えません。ただし、これは自分が何を利用するかによるので、利用者それぞれの状況によりますね。

このページのまとめ

このページでは、フリーランスのクラウド会計・確定申告ソフトの選び方についてまとめました。

どちらを使うのかという判断基準は、次のようになると思います。

  • 難しいことは考えずとにかく簡単に経理したいなら、freee
  • 多少の経理知識がある又は、知識を身につけたいなら、MFクラウド

どちらも非常に優れたサービスですので、どちらを選んでも結局は問題ないと思います。自分の好みや、上記の比較項目を参考に決めたら良いと思います。

とりあえず、両方とも無料登録をして試してみたら良いですよ。外部サービスとの連携も試すことができますし、自分に必要なサービスと連携できるかを調べてみるべきだと思います。

きっと、経理・確定申告などの事務処理が楽になって時間が増えることで幸せになることでしょう。

なお、それぞれのソフトで解説本が出版されています。1冊持っておくと無料なく利用できて、重宝すると思います。参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
CHABU

CHABU

グラフィックデザイナー。印刷会社・小売業・専門学校でデザイン・企画広報・広告宣伝業務を経験後、フリーランスとして活動中。デザイン系専門学校では講師をしつつ、進路相談もしました。
詳しく見る

-ツール・サービス(ビジネス)
-, , ,

Copyright© DesignerBASE , 2017 All Rights Reserved.