フリーランスデザイナーの独立・起業マニュアル〜個人で稼げるデザイナーになる方法・10ステップ〜

フリーランスデザイナーの独立起業マニュアルのアイキャッチ

このコンテンツはフリーランスのデザイナーとして個人で独立・起業する方法をステップ順に解説しています。また、ただ独立・起業するだけでなく、個人で仕事を受注して稼ぐことのできるデザイナーになることを目的としています。

このステップは筆者自身がフリーランスのデザイナーとして地方都市で独立した際に、試行錯誤しながら実践したことを整理してマニュアルとしてまとめたものです

そしてマニュアルとしてまとめるにあたり、当時は知らなかったけれど実践すべきだったことも補足して取り入れるようにしています。ぜひ参考にしつつ、自分なりにアレンジして「個人で稼げるデザイナー」を目指して頂ければと思います。

>>> 【参考】筆者について

※このページは目次として手順と概要を書いています。それぞれの手順における具体的な内容は、該当する記事へのリンクをクリックして読んで頂ければと思います。

STEP.01 デザイナーとしての専門分野を決めよう

フリーランスのデザイナーとして個人で稼ぐためには、よほど名前が売れている場合を除いて「何でも屋」にならないことが大切です。「何でも屋」は会社として経営している制作会社・広告代理店に任せて、専門分野のプロフェッショナルを目指しましょう。〇〇の仕事ならこの人へと覚えてもらえる状態にするべきです。

>>> 「デザイナーがオンリーワンの専門家になる方法」の記事へ

STEP.02 WEBサイト・ブログを立ち上げよう

フリーランスとして個人で仕事をする場合、営業活動・打ち合わせ・デザイン制作・会計などの事務処理など、すべてを自分ひとりで行う必要があります。そのためにはできる限り少ない時間・労力で仕事を受注して、必要な量の仕事をこなせる環境を作る必要があります。

STEP.01で自分の専門分野を決めたあとは、集客を効率的に行うためのWEBサイトを作ることをオススメします。ポイントは綺麗なデザインを並べたポートフォリオサイトではなく、強みと専門性を伝える集客用のWEBサイトです

>>> 「デザイナーのための集客できるWEBサイトの作り方」の記事へ

STEP.03 情報発信して集客を始めよう

STEP.02では「強みと専門性を伝える集客用のWEBサイト」を作ったあとは、顧客が知りたい情報・自分の専門性を整理して情報発信しましょう。筆者の経験上、本気で発注を考えているクライアントはWEBサイトをしっかりと読んで問い合わせ頂けることが多く、デザイナーとして自分自身がやりたい仕事・仕事相手が連絡をくれることが多くなります

>>> 「フリーランスのデザイナーがWEB集客するためのノウハウ・情報コンテンツ内容と発信方法」の記事へ

STEP.04 まずは稼ぐことから。案件紹介エージェントを利用して売上基盤を作ろう。

STEP.03までは「まず始めにやるべきこと」として「専門分野を作り・情報発信を始める」ことをお伝えしました。しかし、当然ですが始めてすぐに仕事が増えるわけでは有りません。むしろ半年〜1年かけて根気よくジワジワと増やしていかなければなりません。

逆にいうと、半年〜1年かけて根気よくジワジワと進めることであり、早めに始めることでより早く効果が期待できるからこそ最初にやっておかないとダメなのです。

さて、とはいえ独立したなら売上を上げなければ生活できません。そこでフリーランスとして独立初期の売上を確保するためにクリエイター向けの案件紹介エージェントを活用することをオススメします。エージェントではWEBから登録することで、スキルに応じて案件紹介をしてもらえます。長期案件も多いので独立したての時期のお金の不安を解消することができます

>>> 「【フリーランスデザイナー向け】仕事案件・業務委託求人を紹介してくれるエージェント・サービスとメリットまとめ」の記事へ

STEP.05 並行して掲載可能な仕事実績を作ろう

STEP.04の案件紹介エージェントを利用してお金を稼ぎながら、自分の集客サイト用の仕事実績を作っていきましょう。なお、エージェントでの紹介案件は個人での実績としては公開できない場合が多いので、自力で実績を作っていく必要があります

具体的な方法は、「WEBサイトに掲載するための仕事実績の作り方」の記事で解説していますので、できることから始めていきましょう。

>>> 独立当初に仕事実績を集める方法と注意点【フリーランスデザイナー向け】の記事へ

STEP.06 集客に貢献するWEBポートフォリオ(制作実績)記事を作ろう

STEP.05で自分の集客用WEBサイトで公開できる「仕事実績」ができたら、集客WEBサイト内にポートフォリオ(制作実績)を作っていきましょう。

ここでポイントなのは、ただデザイン制作物の画像とキャプションを入れるだけでなく、集客に貢献するコンテンツとして仕上げることです。「集客できるWEBポートフォリオの作り方」の記事で解説しているので、実践してみましょう。

>>> WEBサイト掲載用の集客できるコンテンツ型仕事実績の作り方【フリーランスデザイナー向け】の記事へ

STEP.07 問い合わせに繋がる「掲載可能なお客様の声」を集めよう

STEP.06の集客に貢献するWEBポートフォリオ(制作実績)とともに作りあげたいのが「お客様」の声です。「お客様の声」を魅力的に作り上げることで「お問い合わせ」につなげることができます。

具体的には筆者は独自のツール利用してお客様の声を頂き、分かりやすく編集した上でコンテンツとして集客用WEBサイトに掲載しています。方法は「WEBサイト掲載用の集客できるコンテンツ型「お客様の声」の作り方【フリーランスデザイナー向け】の記事に書いていますので、実践してみてください。

>>> WEBサイト掲載用の集客できるコンテンツ型「お客様の声」の作り方【フリーランスデザイナー向け】の記事へ

STEP.08 見積もり・請求・会計・確定申告などの事務作業を効率化しよう

STEP.02の項目でも書きましたが、フリーランスデザイナーとして個人で仕事をする場合には、すべての業務を自分自身で行う必要があります。

集客用WEBサイトでは営業を効率化しましたが、ここでは実はかなり労力のかかる見積もり・請求・会計・確定申告などの事務作業を効率化するための「経営環境」の構築について解説します。

早い時期に始めないと1月〜3月の確定申告の時期に大変なことになりますので、フリーランスとして独立したらすぐに環境を整えてしまうことをオススメします。「フリーランスデザイナーの経営・事務作業効率化マニュアル〜売上・利益・コストを管理から確定申告まで〜」の記事を読んで実践しましょう。

>>> 日々の経理(見積り・請求・経費)と確定申告作業を効率化するクラウド会計・請求書サービスの活用方法【フリーランスデザイナー向け】の記事へ

STEP.09 メディア・媒体への掲載を目指そう

ある程度実績ができたら、メディア・媒体への掲載を目指しましょう。クライアントへの説得力が増して、仕事の単価を上げる理由にもなります

「デザイナーがメディア・媒体への作品掲載実績を作る方法」の記事で具体的に「メディア・媒体」に掲載してもらうチャンスを得る方法を書いていますので、参考にしてみてください。

>>> デザイナーとしての価値アップ。実績・作品を書籍・メディア等に掲載してもらう方法【フリーランスデザイナー向け】の記事へ

STEP.10 その先の戦略を始めから持ち、安定して楽しく稼ごう。

フリーランスのデザイナーとしての目的地をしっかりと考えて戦略的に事業を進めていきましょう。フリーランスのデザイナーとして個人でデザイン制作を続けるのか、いずれは会社組織として人を雇って事業を拡張するのか、はたまたデザインスキルを活かした別の事業も展開していくのか。

始めに目的地を設定しておくことで、自分が身につけるべきスキルや長期視点で行う活動などが見えてきます。事業を進めていく内に変更も可能なことですが、できる限り「その先」の戦略を持って行動すると「自分にとっての成功」を得ることができるはずです。

>>> フリーランスデザイナーの生存戦略〜「自分にとっての成功」を把握して長期視点で成長する方法の記事へ

転職したいデザイナーにオススメの記事

成功する転職活動の始め方
ダブルスキルで市場価値アップ

独立した(い)デザイナーにオススメの記事

独立ステップと集客方法を解説
高単価案件をGETするなら利用必須