10_吹き出し_ノウハウ・情報_icatch

フリーランスデザイナーの集客方法。選択と集中でオンリーワンの専門家になることが大切。

投稿日:

この記事では、未経験からデザイナーを目指したいと思っている方、デザイナーをしているけれど仕事がいまいち軌道に乗らない方のために、オンリーワンのデザイナーになって集客する方法を書いています。

筆者もフリーランスですが、グラフィックデザイナーにしろ、WEBデザイナーにしろ、フリーランスとして活動するデザイナーは、できることを幅広く打ち出しすぎです。

そして、広告や宣伝などを担う商業デザインの専門家であるはずのデザイナーが、自分自身の宣伝がうまくできていない場合が多いと感じています。

何でもできることは重要ですが、それは仕事を受注したあとの拡がりのためです。その前に、個人で活動するデザイナーは自分をより専門家としてPRする必要があります

そうすることで、特にクライアント直の仕事を、高い利益率で獲得することができるのです。もちろん代理店から受注する際も、専門分野が分かれば発注しやすいでしょう。

何でもできるデザイナーとしてPRするデメリット

何でもできることは業務上大きなメリットですが、個人で活動するデザイナーにとっては「何の専門家か分からない」という意味で、PRする際はデメリットになります。

具体的なデメリットは次のようなものです。

  • 得意分野が分からないと選択肢に挙がらない
  • 筆者は学校や企業で広告・宣伝の担当者として外注先への発注をしていましたが、得意分野が明確でないと選択肢に挙がらないのです。

  • 何でもできることを望む時は広告代理店を利用する
  • 何でもできることを希望する場合は、広告代理店などに一括して発注する方が都合が良いわけです。

  • 何でもできる個人には「安くできること」を求める
  • 基本的に個人に仕事を振る企業は「安くできること」を求める場合が多いです。何でも卒なく、予算内でやってくれることが目的だからです。

個人できちんと利益を得る仕事をするには、高い専門性が不可欠なのです。

専門分野を絞ってPRするメリット

それでは、専門分野を絞るメリットは何でしょうか。主なものは次の通りです。

  • 専門家として、高い利益率で仕事ができる
  • その分野の第一人者して対話ができるようになるので、同じ仕事でも高い利益率で仕事を受注できます。

  • WEBを使った集客がしやすくなる
  • 分野を絞ってWEBマーケティングすることで、営業をしなくても集客することができます。

  • やりたい仕事を集めやすい
  • 自分が好きで得意な分野に絞ってPRすることで、その分野の仕事が集まってきます。

個人のデザイナーとしてでなく、特定分野のデザインに精通した専門家のデザイナーという認識を持ってもらえることで、仕事がうまく回るようになります。

次に具体的に方法を書きますが、筆者も「地域・業界・デザイン分野」を絞って、営業なしのWEBのみで、きちんと利益の出る仕事が集客できています

オンリーワンの専門家になる方法

では、具体的にフリーランスのデザイナーとしてオンリーワンになる手順・方法を説明します。

やるべきことは選択と集中です。思い切って自分の活動領域を絞って、その分野のスペシャリストになりましょう。

活動地域を絞る

まず始めは活動する地域を絞りましょう。「岡山県岡山市のデザイン事務所」など、WEBサイトにも記載すると良いでしょう。

そうすることで、その地域で検索された場合に検索上位に表示される可能性が高くなります。

ちなみに筆者の経験上、特に地方都市の場合は、きちんとWEBマーケティングしているデザイン事務所・会社は少ないので、検索上位に上がりやすいです。

ターゲットの業界を絞る

自分がデザイナーとして活動する業界を絞りましょう。「不動産業界専門のデザイン事務所」などです。自分の好き・得意な分野に絞るということです。

もし不動産会社の担当者が、チラシ作りを発注する会社を探しているとしたら、WEBサイトの制作実績にバラバラな業界の実績があるのと、不動産業界の実績がズラッと並んでいるのでは、どちらを選ぶでしょうか。きっと後者です

デザイン分野を絞る

デザインする分野も絞ってみましょう。「チラシ専門のデザイン会社」などです。

こちらも同様に、バラバラな内容の制作実績より、チラシがズラッと並んだ実績の方が、企業の担当者の目を引くでしょう。

3つの専門性を合わせてオンリーワンになる

最後に3つの専門性を合わせてみましょう。「岡山県岡山市の不動産業界のチラシ専門のデザイン会社」などです。

十分にオンリーワンを狙えるのではないでしょうか。しかも、個人で仕事を受けるには十分な量の仕事が得られそうではないですか?

絞り込む3つの分野それぞれで、ある程度の市場規模があれば十分勝負になるはずです。

ちなみに絞りすぎることで、全く仕事ができなくなるかもしれないと思うかもしれませんが、個人でできる仕事量なんかはしれています。

もちろん市場規模はある程度考慮しないといけませんが、十分な量の仕事量が得られると思います。また実績が増えると、より専門性が増し、仕事が増えるという好循環が生まれます。

このページのまとめ

このページでは、フリーランスのデザイナーがオンリーワンのデザイナーになる方法について書きました。

絞り込むのは怖いかもしれませんが、筆者も実際に実施して効果が出た方法です。色々なデザイナーのWEBサイトを探して見てみてください。成功している個人のデザイナーはうまく得意分野をPRしています

まずは思い切って選択と集中をして見ましょう。案件さえ受注できれば、その仕事を切り口にして、何でも対応できることがメリットになります

これから、フリーランスを目指す方は初めから戦略的に売り出していきましょう。次の記事も参考にしてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
CHABU

CHABU

グラフィックデザイナー。印刷会社・小売業・専門学校でデザイン・企画広報・広告宣伝業務を経験後、フリーランスとして活動中。デザイン系専門学校では講師をしつつ、進路相談もしました。
詳しく見る

-ノウハウ・情報
-,

Copyright© DesignerBASE , 2017 All Rights Reserved.