デザイナーとしての価値アップ。実績・作品を書籍・メディア等に掲載してもらう方法【フリーランスデザイナー向け】

デザイン実績を書籍・メディアに掲載する方法のアイキャッチ

この記事は「フリーランスデザイナーの独立・起業マニュアル〜個人で稼げるデザイナーになる方法・10ステップ〜」のSTEP.09に該当する記事です。全体像は次のページからご覧ください。

>>> フリーランスデザイナーの独立・起業マニュアル〜個人で稼げるデザイナーになる方法・10ステップ〜

フリーランスのデザイナーとして仕事をある程度こなしていくと、デザイン制作実績が増えてくるはず。そこで、ここではさらにデザイナーとしての価値をアップするために実績・作品を書籍・メディアなどに掲載してもらう方法を書いておきます。

メディア・媒体への掲載されることで、クライアントへの説得力が増して、仕事の単価を上げる理由にもなります

ちなみにこの方法は筆者の経験にもとずくものであり、絶対ではありませんので予めご理解ください。ただし、きちんとした仕事実績をお持ちの方であればかなりの確率で再現できると思いますのでチャレンジしてみてください。

何はともあれWEBサイトで実績を発表する

何はともあれWEBサイトで実績を発表して世界中の人にみてもらえる状況を作りましょう。人の目に触れなければ見つけてもらうことはできません。

具体的にはWEBサイト掲載用の集客できるコンテンツ型仕事実績の作り方【フリーランスデザイナー向け】の記事を参考にして、検索エンジンにヒットするWEBポートフォリオを作っておきましょう。

筆者は書籍・メディアの編集者がWEBサイトを検索で見つけてくれたおかげで、掲載依頼をお問い合わせフォームからもらうことができました。編集者は次々と新しい書籍・雑誌を作っているので、企画に合った仕事実績・作品を探しています。これは間違いありません。

まず自分から戦略的に発信すること、これが必須です。

書籍・メディアの作品募集に応募する

次に自分から売り込みます。例えば、有名なデザイン系出版社のPIE出版さんの発行する書籍にはハガキが入っていて「作品出品ご協力のお願い」という記述があります。電話番号とメールアドレスが記載されているので連絡してみましょう。

その他 AD SELECT MONTHLY というデザインアーカイブ雑誌には作品募集のページがありますし、logo stock いうWEBメディアでもロゴ掲載申請のページがあります。

もちろん、必ず掲載されるわけではありませんが、自信のある作品がある場合は積極的に売り込みましょう。

年鑑のある賞・アワードに応募する

デザイン系で有名な賞・アワードに応募することで、受賞することができれば受賞作品を集めた「年鑑誌」に掲載してもらえます。合わせて展覧会なども開かれるので、多くの人に自分の実績をみてもらえるチャンスとなります。

また、賞・アワードは各種デザイン系雑誌・メディアでも特集されたりするので、掲載依頼を頂けることも増えるでしょう。そもそも多くの応募の中から受賞するのはハードルが高いですが、一番大きいチャンスではあります。

賞・アワードの例は日本タイポグラフィ協会の「日本タイポグラフィ年鑑」や東京TDCの「東京TDC AWARD」などが有名ですね。デザイナーとして仕事をしているならば知っている方が多いでしょう。

仕事実績を発信することが掲載のスタート

何はともあれ、仕事実績を発信することがスタートです。WEBサイト掲載用の集客できるコンテンツ型仕事実績の作り方【フリーランスデザイナー向け】の記事を参考にして、発信するところから始めてみましょう。

コツコツと発信していると、必ずチャンスはやってくるはずです。

この記事は「フリーランスデザイナーの独立・起業マニュアル〜個人で稼げるデザイナーになる方法・10ステップ〜」のSTEP.09に該当する記事です。全体像は次のページからご覧ください。

>>> フリーランスデザイナーの独立・起業マニュアル〜個人で稼げるデザイナーになる方法・10ステップ〜

転職を考えたらチェック!

成功する転職活動の始め方
無料で相談できる転職エージェント

独立を考えたらチェック!

独立ステップと集客方法を解説
高単価案件をGETするなら利用必須