フリーランス・個人事業主の銀行口座の作り方・ポイント(おすすめな銀行口座・オンラインバンク)

06_グラフ_ビジネスツール_icatch

このページでは、フリーランスデザイナーにおすすめな銀行口座の作り方とポイントについて書いています。

フリーランスとして独立して事業をする上で、売上の入金や経費の支払いをするための銀行口座は必ず必要です。

そこで、銀行口座を作る際のポイントと、おすすめの銀行についてまとめておきます。

銀行口座を作るポイント

銀行口座自体はどこの銀行で作っても構いませんが、次のことを意識して作っておくと、業務が効率的かつコストダウンにつながります。

チェックしておきたいポイントを3つあげておくので、参考にしてください。

  • 個人の口座(家計)と分ける
  • オンラインバンクを利用する
  • 会計ソフトと連携可能か確認する

個人の口座(家計)と分ける

必ずしておきたいのが、個人(家計)の口座と分けることです。仕事における入出金が分かりにくくなるのはもちろん、確定申告時などの会計処理の手間が増えてしまいます。

具体的には、計算時に家計分の入出金を除く作業をしなければいけなくなります。事業専用口座にしておけば、確認だけで済むので手間が全然違いますので、初めから必ず分けておきましょう。

また、もし税務調査の対象になった場合、家計と事業のお金の使い方が曖昧だと、変に疑われる場合があります。初めから分けておく方が賢明です。

オンラインバンクを利用する

オンラインバンクを利用することで、銀行に出向くことなく残高紹介や、振込業務ができます。作業自体は土日でも夜中でもできるので、全ての事務作業を自分で行う必要があるフリーランスには必須です。

ネットバンクの場合は問題ありませんが、一般的な銀行の場合でも口座開設時にオンラインバンクの手続きをしておきましょう。

会計ソフトと連携可能か確認する

現在では一般的に利用されている、ほとんどの銀行でクラウド会計ソフトとの連携ができますが、一部の地方銀行などは対応していない場合があります。

二度手間を防ぐためにも、事前に確認してから口座開設をしましょう。

作っておきたい銀行口座

次に作っておきたい銀行口座について書いておきます。

基本的には自分が使いやすいメインの口座を決めて、その口座を中心に入出金処理を行って運用していきましょう。

ただし、取引先が指定する口座がある場合もありますし、手数料節約などのためにいくつかの口座を開設しておくと便利です。

作っておきたい口座の種類は次の3つです。

  • 地方銀行の銀行口座
  • ネット銀行の口座
  • ゆうちょ銀行の口座

地方銀行の銀行口座

自分が住んでいる地方の口座は作っておきましょう。地方の企業は地方銀行をメインバンクにしている場合も多く、取引に使いやすい口座です。

同銀行間の取引は手数料が無料だったり、安かったりするのでコストダウンにもつながります。

オンラインバンクやクラウド会計ソフトにも、ほぼ対応できている銀行が多いですので、確認の上で手続きをしましょう。

ネット銀行の口座

仕事で出張等が発生する場合もあるはず。その際に、全国のコンビニのATMを利用できたり、出先でもネットを通じて作業ができるネット銀行は便利です。

次にあげる、おすすめのネット銀行を参考にして、一つだけでも口座を開いておくと良いでしょう。

セブン銀行

コンビニ業界大手で全国に店舗のあるセブンイレブンで、手数料無料で引き出し(時間帯に依る)ができるのでとても利便性が高いネット銀行です。

参考:セブン銀行公式サイト

楽天銀行

格安手数料がポイントになるネット銀行です。サービスを利用すると楽天ポイントも付くため、楽天関連のサービスを利用する方には親和性が高いでしょう。

参考:楽天銀行公式サイト

ゆうちょ銀行の口座

ゆうちょ銀行は全国どこにでもあるのはもちろん、時間に依らず引き出し手数料無料です。また個人名をつけずに屋号のみでで口座が作れる唯一の銀行です。

個人名の口座では取引が難しいクライアントへの対応のために、屋号名で口座を作っておくと便利です。

このページのまとめ

このページでは、フリーランスデザイナーにおすすめな銀行口座の作り方・ポイントについて書きました。

取引先との入出金作業はもちろん、自分の会計・確定申告作業の効率化のためにも、最適な銀行口座を作っておきましょう。

本来の仕事に集中できるように、フリーランスとして独立する場合は、できることは予めやっておくことが大切です。

参考:デザイナーの独立。フリーランスになる方法・手順とメリットデメリット。

転職を考えたらチェック!

成功する転職活動の始め方
無料で相談できる転職エージェント

独立を考えたらチェック!

独立ステップと集客方法を解説
高単価案件をGETするなら利用必須