デザイナーがプログラミングスキルを身につける相乗効果とメリット。スキルの掛け合わせで選ばれるデザイナーになる

デザイナーがプログラミングを学ぶ相乗効果とメリットのアイキャッチ

Adobe社などが提供するデザインソフトの高機能化により、長年の実務経験による技術がなくても、ある程度のデザインを形にできる状況が整ってきました。

また、インターネットの発達によって個人がブログなどを通じて発信することが容易になったこともあり、センスのある個人が自分でデザインをする機会も多くなってきました。

このような背景を受けてプロのデザイナーは「デザインができる」というだけでは、企業の中で働く場合でも、独立してフリーランスとして働く場合にも付加価値を持つことが難しくなってきています。これからもプロのデザイナーとして活躍していくためには「何か他のスキル」と掛け合わせていく必要があります。

そこでデザイナーが身につけると相乗効果が高いスキルとして「プログラミング」があります。ここでは、その理由とメリットについて書いてみたいと思います。

デザイナーとプログランミングの相乗効果が高い理由

ここ数年で様々なメディア媒体やコンテンツ、広告などが一気にWEB・インターネット業界にシフトしてきています。雑誌や新聞はもちろん学校・スクールなどもオンランで展開されることが一般的になってきました。

またその影響を受けて「広告」の主戦場もWEB・インターネットの割合が大幅にアップしています。

その流れを受けて需要が高いのが「WEB系のプログラミング」です。例えばWEBサイトのデザインを受注したとしても、そこに「様々な機能」を実装して欲しいという依頼も多いです。

WEB・インターネットの目まぐるしい発展に伴って、デザインの現場にはプログラミングの需要がつきものになっています。それが「デザイナーとプログラミングの相乗効果が高い理由」です。

デザイナーがプログラミングを身に付けるメリット

デザイナーがプログラミングを身に付けるメリットは次の3つです。

  1. 予算の少ない中小企業・個人案件に対応できるようになる
  2. 転職市場の市場価値がアップする
  3. ひとりでWEBサービスを作れるようになる

予算の少ない中小企業・個人案件に対応できるようになる

大手の案件の場合はプログラミングを外注することで対応できると思いますが、中小企業や個人案件の場合には予算がない場合がほとんど。そこでデザインとプログラミングの掛け合わせスキルに需要があります。

プログラミングのプロフェッショナルである必要はありません。あくまでプログラミングもできるデザイナーであることがメリットで、中小企業や個人事業相手に仕事をする場合は、それが大きなアドバンテージになります。

転職市場の市場価値がアップする

当然、デザイナーの転職市場でも、「デザインのプロフェッショナル」で「プログラミングもできる」ことが自分の市場価値をあげることにつながります。

参考:デザイナーのための成功する転職マニュアル〜自分の特性・強みの理解方法と転職先の見つけ方〜

ひとりでWEBサービスを作れるようになる

デザインができて、プログラミングができると「自分のWEBサービス」を作ることが容易になります。例えばジャンルを特化した情報検索サイトなどを、見栄え良く作ることができます。

これができるようになると「受託デザイン制作」以外のマネタイズの幅も広がりますし、長期的視野を持って自分で仕事をコントロールできるようになるのでフリーランスのデザイナーには特におすすめです。

プログラミングはできるけどデザインはできない、デザインはできるけどプラグラミングはできない、という人がまだまだ多いので、差別化して自分の価値をあげるには「身に付ける価値のあるスキル」であることは間違いありません。

デザイナーがプログラミングを学ぶ方法

デザイナーとして仕事をしながらプログラミングを学ぶには、オンラインで学べるサービスを利用するのが良いでしょう。WEB系プログラミンをWEBで学ぶことは、とても利にかなっています

TechAcademy [テックアカデミー]
などが有名なので安心して学べると思います。無料体験もあるので気軽に始めてみるのが良いと思います。



またオンラインで学べるおすすめなプログラミングスクール・サービスをまとめたプログラミングが学べるオンラインスクール・学校まとめ。インターネットを使って効率的に勉強する方法の記事も参考にしてください。

無料体験・無料カウンセリングなどをしているプログラミングスクールがほとんどなので、気軽に第一歩を踏み出すことができます。

長期視点でスキルを身につけよう

デザイナーとして腕を磨き、プロフェッショナルとして活動しつつ長く活躍するために、長期視点でスキルアップすることが大切です。

それを実現するために、デザイナーと相乗効果の高い「プログラミングのスキル」を身に付けることは非常におすすめ。隙間時間の利用から始めて確実に成長していきましょう。

こちらの記事もおすすめ

デザイナーとしてスキルアップして転職を目指すなら、今すぐ準備だけでも始めるのがおすすめです。デザイナーのための成功する転職マニュアル〜自分の特性・強みの理解方法と転職先の見つけ方〜の記事を参考にしてください。

転職を考えたらチェック!

成功する転職活動の始め方
無料で相談できる転職エージェント

独立を考えたらチェック!

独立ステップと集客方法を解説
高単価案件をGETするなら利用必須