\【無料登録】成功する転職を!/
【デザイナー専用の転職支援】ReDesigner

グラフィックデザイナーからWEBデザイナーに転職できる?|可能性と方法を解説

グラフィックデザイナーからWEBデザイナーになる方法

【Q:質問】
グラフィックデザイナーとして仕事をしていますが、長い目で見ると正直グラフィックデザインだけでは不安です。

ですので、WEBデザインを学び、WEBデザイナーとしての仕事もできるようになり、転職も考えていますが可能でしょうか?

【A:回答】
結論からいうと十分に可能であり、うまく転職活動をすれば、良い条件で転職ができる可能性もあります。

方法としては次の3つのステップが必要でしょう。

  1. WEBデザインの基礎を身につける
  2. 転職活動の準備を始める
  3. ポートフォリオサイトを作る

グラフィックデザイナーとして活動しているのならば、デザイン知識・技術は身に付いているおり、WEBデザインと共通して使う道具であるデザインソフトのIllustratorやPhotoshopの操作も、当たり前のようにできるはずです。

ということは、WEB特有の知識であるHTMLやCSSといった、WEBレイアウトに必要な言語と、動きをつけたりする場合に利用するプログラミング的な知識を勉強すれば良いだけです。

WEBデザイン、特にHTMLやCSSはそこまで難しいものではありませんし、最近はオンラインスクールなどWEBを使って学ぶことが可能です。

またWEBデザインの知識があれば、転職先もWEBデザイン会社だけでなく、一般企業の広報部なども選択肢に入れることが可能になります。

色々と魅力的なキャリアアップをすることができる可能性もあるので、ぜひ興味を持ったならばやってみることをオススメします。

それでは、具体的なステップを解説していきます。

\関連記事もチェック/
「デザイナーの転職」記事一覧へ

WEBデザインの基礎を身につける

まずはWEBデザインの基礎を学びましょう。

ちなみに、WEBデザインは独学で学ぶことも可能ではあります。

しかし、ある程度グラフィックデザイナーとしてキャリアがあり、年齢も30前後か、それ以上である場合は時間を大切にしてWEBデザインはWEBで学ぼうの記事で紹介しているオンラインのスクールで学ぶことをオススメします。

WEB関連のプログラミングも同時に身に付けることができ、そもそもWEBデザインなのでWEBで学ぶこと効率的かつ、経験としても良いものとなります。

WEBデザインはWEBで学ぼう|未経験からWEBデザイナーを目指せるオンラインスクールの選び方・オススメまとめ

また、これからはデザイナーがプログラミングを身につけることは重要であり、大きなメリットがあります。デザイナーがプログラミングスキルを身につける相乗効果とメリット。の記事でも解説しているので、一度読んでみてください。

デザイナーがプログラミングスキルを身につける相乗効果とメリット。スキルの掛け合わせで選ばれるデザイナーになる

転職活動の準備を始める

グラフィックデザイナーとしてデザインスキルはあるはずなので、WEBデザインについては基礎的なことができるだけでもアドバンテージとなり、転職等でも有利になります。

そこは自分の魅せ方なので、これまでのグラフィックデザイナーとしての経験をアピールしつつ、また次のステージに向けて投資・挑戦していることをうまく伝えると良いでしょう。

先にオンラインスクールで学び、WEBデザインの基礎を学ぶという「行動」をしましょうと書いたのも、それが理由です。

実績と投資・挑戦の部分を意識しながら、転職するためには「情報収集」をしっかり行いましょう。

無料で登録して利用できる転職情報サイト転職エージェントをしっかりと活用することが、成功する転職の秘訣です。

デザイン事務所や制作会社だけでなく、一般企業のインハウスデザイナーはもちろん広報部など、想像していなかったような転職情報を見つけることも可能ですし、一般企業の場合は労働条件も非常に良い場合もあります。

まずはいくつかの転職情報サイト、転職エージェントに登録して、掲載される情報を数ヶ月間チェックしてみましょう。

手始めに、デザイナーのための「転職求人情報サイト」おすすめまとめと、デザイナーのための「転職エージェント」おすすめまとめの記事にあるサイトから利用することをオススメします。

デザイナーのための「転職求人情報サイト」おすすめまとめ 〜総合・専門タイプを上手に活用する方法〜

デザイナーのための「転職エージェント」おすすめまとめ |総合・専門タイプの上手な活用方法

また当サイトでは成功する転職マニュアルとして、自分のことを知り、成功する転職をするためのステップをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

デザイナーのための成功する転職マニュアル〜自分の特性・強みの理解方法と転職先の見つけ方〜

ポートフォリオサイトを作る

さてWEBデザインスキル技術を学びつつ、転職に向けての情報収集を始めたら、並行して自分のポートフォリオサイトも作ってみることをオススメします。

転職活動での実績アピールに使えることはもちろん、しっかり集客できるWEBサイトの作り方の記事を参考に作り込めば、フリーランスとしての独立を視野に入れたり、副業としても活動することが可能になります。

しっかり集客できるWEBサイトの作り方|キレイな作品だけでなく強みと専門性が伝わるコンテンツがポイント【フリーランスのデザイナー向け】

この記事は独立をするデザイナー向けに書いた記事ではありますが、これからは副業・複業で実績を作ることも大切ですし、そこで作った実績は転職の役にも立ちます。

またポートフォリオ自体がWEBデザインの実績にもなるので、グラフィックデザイナーからWEBデザイナーに向けての勉強としても、作ってみることをオススメします。

損はない!まずはWEBデザインを学んでみよう!

この記事ではグラフィックデザイナーがWEBデザインを学ぶメリットも含めて、転職のステップについて書いてきました。

始めに書いたように、結論としてグラフィックデザイナーからWEBデザイナーになるのは可能です。

しかし、明日からすぐというわけにはいきません。

できるだけ早く先に進むには、できるだけ早く始めることが大切です。

WEBデザインを学ぶことは絶対に損はないことは確かですし、転職情報の収集も無料でありデメリットはありません。

まずは一歩行動することから始めましょう!

\関連記事もチェック/
「デザイナーの転職」記事一覧へ

デザイナーを目指す方へ

デザイナーになる方法アイキャッチ
未経験からデザイナーになる方法
未経験から学べるWEBデザインのオンラインスクール
WEBでWEBデザインを学ぼう

転職するデザイナーへ

デザイナーの転職アイキャッチ
成功する転職活動の始め方
デザイナーのための転職エージェントおすすめまとめのアイキャッチ
無料で相談できる転職エージェント

独立・起業するデザイナーへ

デザイナーの独立アイキャッチ
独立ステップと集客方法を解説
フリーランスデザイナー向け案件・業務委託求人紹介エージェント・サービスのアイキャッチ画像
高単価案件をGETするなら利用必須