デザイナーの転職・キャリアップ方法と手順。様々な転職形態のメリット・デメリットも解説。

デザイナーの働き方

このページでは、デザイナーが転職してキャリアアップする方法・手順と、主な転職形態のメリット・デメリットを書いています。

デザイナーとして働き、ある程度キャリアを積みスキルアップすると、キャリアアップを目指して転職を考えることができます。より良い働き方をするために、身に付けたスキルを活かした転職活動をしましょう。

デザイナーが転職してキャリアアップする方法・手順

地方で小さなデザイン事務所や制作会社で実績を積みつつ、賞に応募して受賞したり、作品がデザイン書籍に掲載されたりすることで、自分の実力が客観的に判断してもらえます。

そうすることで、次のような転職の選択肢が考えられます。

大手広告代理店やメーカーのデザイン部に転職する

実績を持って転職活動を行うことで、有名な企業の仕事ができる大手広告代理店や、メーカーのデザイン部に転職できる可能性もあります。

一般企業にキャリアを活かす転職をする

また、近年はデザインの力が重要視されつつあるので、一般企業の広告・宣伝部や広報・マーケティング部門などへの転職も考えられます。

興味の強い分野のデザイン事務所に転職する

ブランディングやパッケージ、雑誌編集など、自分がより興味関心のある分野に特化した会社への転職を考えることができます。戦略的に転職活動をして、より良いキャリアを歩んでいきましょう。

デザイナーとしてキャリアップ転職する場合のポイントは、いかに情報を集めて、希望にマッチした求人を見つけるかです。そして、そのためには、如何に多くの情報を効率的に集めて、タイミングを逃さず応募できるかということが重要となります。

また、今すぐに転職する予定がなくても、近い将来の転職を考えているなら、今すぐに求人情報を収集し始めることをおすすめします。理由は次の通りです。

思いもよらないお宝求人を見つけることができる

求人情報は日々入れ替わります、アンテナを貼って常に情報を集めていることで、自分にぴったりな求人を見逃すことがなくなります。滅多に募集されない求人を応募期間終了後に気付くのは勿体ないのです。

求人情報の良し悪しを見分ける基準が持てる

長く求人情報を観察していると、定期的に常に募集している求人があったりします。全てとは言いませんが、もしかしたら人入れ替わりが激しい職場かもしれません。違和感を感じることができれば、詳しく調べることができます。

自分の興味の幅が拡がる

始めから条件を絞りすぎずに求人を見ることで、自分のスキルが活かせる、思いもよらない業種・職種を見つけることができる可能性があります。まずは思い込みを捨てて色々な情報を集めて見ましょう。

デザイナーが転職するための具体的な手順

それでは転職するための具体的な手順を見ていきましょう。

情報を集める

まずはできるだけ多くの転職・求人情報を集めましょう。インターネット上の転職・求人情報サービスを使うことで、効率的に多くの転職・求人情報を集めることができます。

次のようなメリットもあるので、できるだけ多くの転職・求人情報サービスに登録することをおすすめします。

  • 無料で情報を集めることができる
  • 登録することで非公開求人を見ることができる
  • 最新情報をメールで受け取れる(検索条件も指定可能)

一般的な転職情報サービス

ここでは、いくつかおすすめの転職・求人情報サービスを下記に紹介しておくので、まずはこれらから登録してみましょう。

ちなみに転職サイトや転職エージェントはサイトごとに様々な案件があります。もれなく情報を集めるためにも複数のサービスに登録しておくことをおすすめします。

有名どころの一般的な転職情報サービスを利用することで、デザイン業界以外にも一般的な企業の広告宣伝部や販売促進部など、多くの求人を見つけることができます。地方の求人も豊富なため、Uターン・Iターンをめざす方にもおすすめです。

デザイナー・クリエイターに特化した求人サイト

業界に特化した情報が集まっており、魅力的な転職案件が多いので、ぜひチェックしておきたいサービスです。特化サイトならではの情報を活用してみましょう。

一般的な転職エージェント

担当者と連携して無料で転職活動を代行してくれるエージェントを介すことで、非公開求人とのマッチングや給与交渉などを連携して行うことができます。転職活動をするなら上記の情報サービスだけでなくエージェントも活用すると、より良い情報が手に入るでしょう。

デザイナー・クリエイターに特化した転職エージェント

担当者と連携して無料で転職活動を代行してくれるエージェントの中でも特にデザイナー・クリエイターに特化したエージェントです。一般的な転職エージェントと合わせて利用することで、自分に最適な求人を見つけることができます。

転職情報サービス・転職エージェントなどの特徴・メリット・デメリットは、次の記事に詳しく書いています。参考にしてください。

転職の方向性を決める

求人情報サービスを利用して情報を集めたら、一度自分の頭の中を整理しましょう。特に次のポイントを再確認して見ると、失敗が少なくなるはずです。

自分がめざすデザイナー像

どこで、どんな雇用形態で、どんな仕事をしているのか、自分の理想のワークスタイルとライフスタイルを考えておきましょう。

特に極めたいデザイン分野

広告のプロになる、パッケージのプロになる、本を作るプロになるなど、最終的に目指したい分野を明確にしておきましょう。

勤務地や給料などの条件

自分の希望する雇用条件にマッチしているか、給料や福利厚生も含めて検討しましょう。

求人に応募する

希望する条件の求人があったら、すぐに応募しましょう。求人は日々入れ替わります。企業は良い人から応募があれば、すぐに募集を停止します。チャンスを逃さないようにアンテナを貼り、迅速に行動することが大切です。

そのために予め、次のような準備をしておきましょう。

制作実績をまとめておく(ポートフォリオ)

印刷したファイルはもちろん、すぐに見てもらえるWEBサイトがあるとより良いです。

履歴書・職務経歴書を準備しておく

一般的な応募書類は予め準備しておきましょう。志望動機など、応募企業ごとに変わる部分意外を書いておくと良いでしょう。

主な転職形態のメリット・デメリット

次に転職することで生じるメリット・デメリットを把握しておきましょう。

大手広告代理店やメーカーのデザイン部に転職するメリット・デメリット

大手広告代理店やメーカーのデザイン部に転職するメリットは次の通りです。

  • 給料・社会保険などが安定してもらえる
  • 大きな仕事に携われる可能性がある

逆にデメリットは次の通りです。

  • 良くも悪くも組織のしがらみがある可能性がある
  • 人数が多くコミニケーションが大変になる

安定した社会的地位と大きな仕事を得られるという大きなメリットの代わりに、自己判断で行動できることが少なくなる可能性はあります。人数が多いことで情報の共有が大変な場合もあるでしょう。

一般企業にキャリアを活かす転職をするメリット・デメリット

一般企業にキャリアを活かす転職をするメリットは次の通りです。

  • インハウスデザイナーとして会社のデザインを一括して管理できる
  • 改善しながらデザインを成長させていくことができる

逆にデメリットは次の通りです。

  • 自社のデザイン以外はできなくなる
  • デザイン以外の仕事も発生する可能性がある

一つの会社のデザインを長く管理してブラッシュアップできるやりがいがあるとともに、他の仕事ができず、マンネリする可能性はあります。また会社の規模や体制にもよりますが、デザイン以外の仕事を兼任する可能性も多いことは知っておきましょう。

興味の強い分野のデザイン事務所に転職するメリット・デメリット

興味の強い分野のデザイン事務所に転職をするメリットは次の通りです。

  • ジャンルに特化したデザインを極めることができる
  • 専門家としてより評価されやすくなる

逆にデメリットは次の通りです。

  • その他のジャンルに疎くなる可能性がある
  • 専門分野の学習時間を確保する必要がある

専門家としてより成長できるメリットとともに、他のジャンルに疎くなる可能性があります。選んだジャンルが今後需要が伸びるかどうかは意識しておく方が良いでしょう。

このページのまとめ

このページでは、デザイナーが転職してキャリアアップする方法・手順と、主な転職形態のメリット・デメリットを書きました。

デザイナーはスキルさえ身に付ければ、様々な方向でキャリアアップが狙えることがメリットですね。

ちなみに、このページで何よりも伝えたいことは、もしいつかは転職してキャリアアップしたいと思っているのなら、求人情報の収集は今すぐ始めましょう。ということです。チャンスを見逃すことがなくなりますし、思いがけない働き方や、知らなかった会社が見つかるかもしれません。

最後におすすめの転職・求人情報サービスを、もう一度掲載しておきます。無料でできることです。本気なら、まず行動を起こしてみてくださいね!

一般的な転職情報サービス

ここでは、いくつかおすすめの転職・求人情報サービスを下記に紹介しておくので、まずはこれらから登録してみましょう。

ちなみに転職サイトや転職エージェントはサイトごとに様々な案件があります。もれなく情報を集めるためにも複数のサービスに登録しておくことをおすすめします。

有名どころの一般的な転職情報サービスを利用することで、デザイン業界以外にも一般的な企業の広告宣伝部や販売促進部など、多くの求人を見つけることができます。地方の求人も豊富なため、Uターン・Iターンをめざす方にもおすすめです。

デザイナー・クリエイターに特化した求人サイト

業界に特化した情報が集まっており、魅力的な転職案件が多いので、ぜひチェックしておきたいサービスです。特化サイトならではの情報を活用してみましょう。

一般的な転職エージェント

担当者と連携して無料で転職活動を代行してくれるエージェントを介すことで、非公開求人とのマッチングや給与交渉などを連携して行うことができます。転職活動をするなら上記の情報サービスだけでなくエージェントも活用すると、より良い情報が手に入るでしょう。

デザイナー・クリエイターに特化した転職エージェント

担当者と連携して無料で転職活動を代行してくれるエージェントの中でも特にデザイナー・クリエイターに特化したエージェントです。一般的な転職エージェントと合わせて利用することで、自分に最適な求人を見つけることができます。

  • ブックマーク