デザイナーの働き方

デザイナーが起業する方法。フリーランスとの違いとその魅力。

このページでは、デザイナーが起業する方法を書いています。

デザイナーは非常に多様な働き方ができる職業ですが、その中でもスキルを活かして飛躍するために起業を考えてみるのも、ひとつの働き方です。

独立・フリーランスと似ているようですが、実は大きく違います。大きな違いは次の通りです。

  • フリーランス
  • あくまでデザイナー職(デザインをするプレイヤー)として、企業の仕事を受注して仕事をする

  • 起業すること
  • デザインスキルを活かして自分の製品・サービスを作り出し、企業や個人に売る

依頼されたものを形にするのではないというところが、大きく異なるところです。

フリーランスとしての働き方は、サラリーマンがひとつの会社からデザイン業務を依頼されているのと同じで、仕事の出先が複数になっているだけです。

つまり「依頼」ありきの商売なのです。「依頼」をもらうための営業をしているのです。「依頼」があって初めて、作るものが決まってきます。そして、作り終わったら終わりです。

しかし「起業」するということは、自分で「製品」なり「サービス」を作って、それを売っていくことです。作ったものを、売れる限り売っていきます。

もちろん時には改善して、より良いものにしていきます。起業とはすなわち「事業」を起こすことです。職業としてのデザイナーから、一歩飛躍して商品を作り、経営をしていくことになります。

経営・マーケティングの視点がフリーランスよりも必要になりますが、これができると、クライアント(お客様)に左右されることがなく、自分で仕事をコントロールすることができます。

デザイナー業務のリスク分散として、並行して事業を行うこともおすすめです。

なお、デザイナーの様々な働き方については、次の記事も参考にしてください。

それでは、デザインスキルを活かした起業について詳しく見ていきましょう。

デザイナーの強みを活かす

起業というと大きな事業を始めるイメージかもしれませんが、ここでいう起業とは「デザインのスキルを活かして、受託以外の事業を作ること」だと思ってください。

デザイナーの強みは、多くの他の職業と違って自分でデザインができること、自分でモノが作れることです。

つまり売るための商品を作ることができるのです。もちろん生産は工場を探して依頼するかもしれませんが、商品開発は自分でできます。

このスキルを受託先であるクライアントのために活かすのは、もちろん有意義ですが、それだけでは勿体ないですね。

何度でも、いくつでも売れる「商品」を作ってみることをおすすめします。

デザイナーの起業例

具体的にイメージしやすいように、いくつか例を上げておきます。

文房具や雑貨を作って販売する

グラフィックデザインのスキルを利用して、文房具や雑貨を作って販売している例が「HI MOJIMOJI」さんです。

紙製の文房具やツールを、オンラインショップを利用して企画制作販売しています。情報発信も積極的にしているので、ぜひWEBサイトをやSNSをチェックして見てください。

HI_MOJIMOJI_WEBサイトのキャプチャ

HI MOJIMOJI WEBサイト出典:http://www.hi-mojimoji.com/


参考:HI MOJIMOJI(http://www.hi-mojimoji.com)

自作した書体を販売する

グラフィックデザインのスキルを活かして、自作した書体を販売しているのが「フロップデザイン」さんです。

有名なので知っている方も多いと思いますが、データ販売という大変利益率の高い商売ですね。

フロップデザイン WEBサイトキャプチャ

フロップデザイン書体販売ページ 出典:https://www.flopdesign.com/shopshop.html


参考:フロップデザイン書体販売ページ(https://www.flopdesign.com/shopshop.html)

無料素材サイトを運営する

無料素材サイトを運営して、高解像度データ販売や広告収入を得るモデルを展開しているのが「いらすとや」さんです。

無料素材を目的に大量に集まるアクセスを利用した「広告収入」と、印刷などに高品質に使える素材を「データで販売」するという利益率の高い商売は見本になります。

テイストの違うイラストや、アイコンなどの素材でも応用できる可能性はありますね。

いらすとや_WEBサイトキャプチャ

いらすとやWEBサイト 出典:http://www.irasutoya.com/


参考:いらすとや(http://www.irasutoya.com/)

事業内容はアイデア次第です。自分の強みを活かして考えてみましょう。

デザイナーが起業する方法

起業する内容・方法は様々ですが、ここでは小さく始める方法を紹介しておきます。

まずは小さく始めて、マーケティングや経営の勉強をしながら進めていくのが良いのではないでしょうか。

便利なサービスを使って小さく始める

最近はグッズ作りや販売をサポートしてくれる便利なサービスが、いくつも存在しています。

代表的なものに次のようなものがあります。チェックしてみてください。

このようなサービスを使った場合は、デザイン以外の差別化がしにくいので、軌道に乗ってきたら、独自の外注工場を使って完全オリジナルの商品を作っても良いでしょう。

WEBサービスを作る

上記で紹介した「いらすとや」のように何らかのWEBサービスを作り、データ販売・広告収入につなげるのも良いでしょう。

「いらすとや」に貼り付けてある広告はgoogle社の「グーグルアドセンス」という広告です。ここでは詳しく書きませんが、興味のある方は詳しく調べて見てください。

このページのまとめ

このページでは、デザイナーが起業する方法。フリーランスとの違いについて書いてきました。

デザイナーが起業する大きな魅力は「クライアントに依存しないビジネスが作れる」ことです。簡単ではありませんが、軌道に乗ればデザインの仕事をもっと楽しくするひとつの選択肢になるはずです。

もちろん、既存の受託デザインも行いながら、事業を展開することもおすすめします。リスク分散することもできますし、労働集約的な仕事から解放される可能性もあります。

少しづつでも始めてみる価値はあるはずです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
CHABU

CHABU

グラフィックデザイナー。印刷会社・小売業・専門学校でデザイン・企画広報・広告宣伝業務を経験後、フリーランスとして活動中。デザイン系専門学校では講師をしつつ、進路相談もしました。
詳しく見る

更新日:

Copyright© DesignerBASE , 2017 All Rights Reserved.