デザイナーの仕事とは。

デザイナーの仕事とは。デザインの意味と知っておくべきデザイン業界のこと。

このページでは、そもそもデザインとは?から始まり、デザイナーの仕事内容と、デザイナーを目指すにあたり最初に知っておくべきことについてまとめています。

これからデザイン業界で働きたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

デザインという言葉の意味

まずは、デザインという言葉の意味を確認するために、語源を見てみましょう。

デザインの語源はデッサン(dessin)と同じく、“計画を記号に表す”という意味のラテン語designareである。
また、デザインとは具体的な問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現することと解される。
引用:Wikipedia

実はこの文章の中にあるように、デザインという言葉には、主に2つの捉え方があります。

  1. 広義のデザイン
  2. 具体的な問題を解決するために思考・概念の組み立てを行うこと

  3. 狭義のデザイン
  4. それを様々な媒体に応じて表現すること

日本では一般的に、「見た目を美しく整えること」がデザインであり、デザイナーの仕事と思われていることが多いです。上記でいう「狭義のデザイン」ですね。

しかし本来のデザインとは、広義のデザイン「具体的な問題を解決するために思考・概念の組み立てを行うこと」が前提にあります。

最近では、就職における「キャリアデザイン」や、将来設計を行う「ライフデザイン」など、形のないものを計画・設計することを「デザイン」と表現することが浸透してきました。

狭義のデザインである「見た目を美しく整えること」は、広義のデザインである「具体的な問題を解決するために思考・概念の組み立てを行うこと」を行った上で、具体的に「目に見える形で表現する」ことです。

要するにデザインとは、

  1. 問題を解決するために考え方・方向性を設計して(広義のデザイン)
  2. 問題が解決する具体的な形をアウトプットする(狭義のデザイン)

ということです。

広義のデザインなくして、狭義のデザインはありえません。

広義のデザインのアイデア・発想に関する本・書籍を紹介している、次の記事も参考にしてください。

デザイナーの仕事内容

では、デザイナーの仕事内容とは何でしょうか。

先に述べた通り、「デザインという言葉の意味」には2つの捉え方があります。

そしてデザイナーの仕事とは、その2つ(広義のデザイン・狭義のデザイン)の両方を行うことなのです。

まだまだ、特に地方では見た目を美しくすること(狭義のデザイン)だけが、デザイナーの仕事だと捉えられていることが多いのが現状です。

しかし、狭義のデザインを行うだけでは、これからのデザイナーとしては心もとないと言わざるをえません。

インターネット上で仕事のやりとりを行う、クラウドソーシングのようなサービスが出現したことで、狭義のデザインの単価は圧倒的に低くなりました。

それらの仕事は、お客様の指示に従ってレイアウトなどをする仕事であり、「広義のデザイン」の部分が抜け落ちています。

もちろんそれらの仕事も、お客様の方で「広義のデザイン」ができていれば十分に成り立ちますし、需要があるのも確かです。

ですので、クラウドソーシングを否定しているわけではありません。(念のため)

参考:クラウドソーシングとは
クラウドソーシングとは、簡単に言うとインターネット上のサービスを利用して、不特定多数の人に業務を外注するサービスです。
日本では、クラウドワークスランサーズが有名です。

しかし、これからデザイナーを目指すのであれば、「広義のデザイン」と「狭義のデザイン」の両方ができることが、成功する条件となります。

そして、その問題を解決するためのアウトプットの内容によって、様々な種類のデザイナーが存在しています。

例えば、下記のような職業デザイナーです。

  • グラフィックデザイナー
  • 広告・宣伝やブランディングなどの問題を、情報整理とビジュアル(見た目)で紙媒体などにアウトプットすることで解決します。

  • WEBデザイナー
  • 企業の持つ様々な課題を、情報整理とビジュアル(見た目)でWEBサイトやWEBメディアにアウトプットすることで解決します。

その他のデザイナーの種類は、デザイナーの種類と仕事にまとめていますので、参考にしてください。

デザイナーを目指す前に知っておくべきこと

どの職業でも一緒ですが、仕事には様々な側面があります。

デザイナーというと、クリエイティブで華やかなイメージを持たれがちです。

もちろん、創造性あふれる楽しい職業であり、華やかな側面もありますが、その反面、表に現れない苦労も多くあります。

ですので、デザイナーを目指すのあれば、デザインという仕事の様々な側面を予め知っておきましょう。

そうすることで、「こんなはずじゃ無かった・・・」ということも防げますし、様々な面も含めてデザイナーという仕事を楽しむことができるはずです。

大変なことがあっても、それを上回る楽しさと充実感がある職業なのは事実です。

まずは魅力とメリット、そして苦労とデメリットを知った上で安心してデザイナーとしての一歩を踏み出してください。

デザイナーの仕事のプロセスやワークフローを知るには、次の記事で紹介している本を読むの理解しやすいです。参考にしてください。

このページのまとめ

デザインのこと、デザイナーの仕事について、ざっくりと理解できたでしょうか。

もしデザイナーを目指すのであれば、長い間ずっと充実感を持って働き、稼ぐために、価値のあるデザイナーを目指しましょう。

次の記事、デザイナーの種類と仕事では、ジャンル別の代表的なデザイナーの種類と仕事を紹介しています。

ぜひチェックして見てください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
CHABU

CHABU

グラフィックデザイナー。印刷会社・小売業・専門学校でデザイン・企画広報・広告宣伝業務を経験後、フリーランスとして活動中。デザイン系専門学校では講師をしつつ、進路相談もしました。
詳しく見る

更新日:

Copyright© DesignerBASE , 2017 All Rights Reserved.