デザイナーの仕事とは。

デザイナーの種類と仕事内容。グラフィック・WEB・プロダクトデザインなどの職種を理解しよう。

このページでは、代表的なデザイナーの種類と仕事内容について説明しています。

ちなみに、ひとくちにデザイナーと言っても、本当に多くの「〇〇デザイナー」が存在しています。

これからデザインを仕事にしたいと考えている方は、まず世の中に存在するデザイナーの種類をざっくりと把握することをおすすめします。

デザイナー自体は、資格もいらないですし、誰でも名乗ることができる職業です。

しかしデザイナーの種類によっては、戦略的に考えて、大学または専門学校で学ばないと就きにくい職種もあります。

ですので、年齢や置かれている環境・状況も踏まえ、自分の目指すべき道を探すことが、デザイナーとして活躍する近道になります。

また、この記事を読む前に下記の記事を読んでおくと、理解が深まります。

グラフィック系デザイナー

グラフィックデザインとは、主に平面のデザインのこと。最終のアウトプット先は「紙媒体」となることが多く、一般的に一番分かりやすいデザイナー像だと思います。

しかも技術の進歩、機材の価格が安くなったこと、勉強する環境の増加という追い風もあり、未経験から独学でも参入しやすくなったこともメリットです。

グラフィックデザイナー

平面・紙媒体のデザインを手がける職業。名刺・封筒などのビジネスツールから、チラシ・ポスター・DMなどの広告宣伝ツールまで幅広く手がける。

より専門領域を狭めることで、下記のような個別の名称の職業名もあります。

参考:DTPデザイナー

DTPデザイナーという言葉を度々目にします。

ちなみに、DTPとはDesk Top Publishing(机上出版)の略で、コンピュータ上(机の上)だけで出版印刷物を作ること。

パソコンが普及する前に、紙に貼り付けるなど、手作業で行っていたレイアウト作業をコンピュータで行うようになったことで出現した言葉です。

つまり、現在は基本的にはグラフィックデザインはDTP作業なので、「DTPデザイナー」という職業は現場で聞くことはあまりありません。

広告デザイナー

グラフィックデザインの中でも、特に広告・宣伝に特化したデザイナー。

広告代理店や企業のデザイン部などで働くことが一般的で、新聞広告やTVCMのグラフィック、チラシや店頭POPなどの販売促進ツールをデザインします。

独立開業してデザイン事務所や広告会社を立ち上げることも可能。

ブランディングデザイナー

グラフィックデザインの中でも、企業のCI(コーポレートアイデンティティ)やVI(ビジュアルアイデンティティ)に専門特化して、企業イメージをビジュアル的に作り上げていくデザイナー。

ロゴや企業カラーなどを戦略的に設計した上で、名刺・封筒などのビジネスツールに落とし込んだり、WEBサイトや看板も含めてトータルに統一されたメッセージをデザインします。

近年、デザインの重要性が理解され始めたことで、大きな需要がある領域。デザイナーの仕事とは。デザインの意味と知っておくべきデザイン業界こと。で説明している「広義のデザイン」ができることが必須となります。

パッケージデザイナー

グラフィックデザインの中でも、パッケージデザインに特化したデザイナー。

お菓子やジュースなどの食品や、工業製品のパッケージをデザインします。

主にメーカーのデザイン部や、パッケージ印刷会社、グラフィックデザイン事務所で働くことが多いです。

グラフィックデザインの中でも「立体」を扱う職業なので、展開図や専門的な印刷知識が必要。食品の成分表示などのことも理解しているとベター。

エディトリアルデザイナー

主に雑誌やカタログの紙面をレイアウトデザインするデザイナー。

主に、出版社や編集プロダクションで働くことが一般的です。地方であればタウン情報誌や、フリーペーパーなどを発刊する会社が多い。

ページ物となる本の印刷知識が必須。フリーランスとして活動する場合は、定期刊行物なども多いので、安定した受注ができる場合もある。

ブックデザイナー

上記のエディトリアルデザイナーが主に雑誌などの紙面をレイアウトすることに対して、書籍の装丁(そうてい)デザインをするデザイナー。

書籍の表紙や帯、製本や紙の種類などを検討して、必要があればイラストレーターなどと連携して「本」を作りあげる仕事。

デザイン事務所や個人で活動するデザイナーが多い印象。

製本知識など、本に関する幅広い知識が必要な職種です。

雑貨デザイナー(紙系)

グラフィックデザインのスキルを利用して、様々な紙雑貨をデザインする職業。

紙製文具や、便箋・ポストカードはもちろん、業者と連携してスマートフォンケースやTシャツ、バッグなどをデザインする。

雑貨メーカーで企業の製品をデザインしたり、個人で製品を作って自分でメーカー・ブランドを立ち上げることも可能。

キャラクターデザイナー

どちらかというとイラストレーターに近いが、企業やイベントのキャラクターをデザインする仕事。

印象に残るためのアイデアや、絵を描くスキルがあると成功しやすい。

単体での仕事受注は多くないため、グラフィックデザインを軸に、キャラクターデザインを打ち出すことで仕事を獲得しやすい。

WEB系デザイナー

主にWEBサイトやWEBサービスに関わるデザインをする仕事で、インターネット全盛の時代であり、まだまだ需要が多い職域。

デザイン知識だけでなく、インターネットやデータなど、デジタルな知識とスキルが必要な仕事です。

WEBデザイナー(フロントエンド)

主に企業のWEBサイトの「見た目」をデザインする仕事。

ちなみに、デザインした内容をWEBサイトとして表示できるようにするには、HTMLとCSSなどの言語を使ってコーディング(コードを書く)する必要がある。

そして、コードを書く職業として「コーダー」があるが、よほど大きな仕事でない限り、WEBデザイナーがコーダーを兼ねることも多い。

WEBデザイナー・コーダーは学習できるオンラインサービスやスクールも充実しており、独学できる書籍もあるので学べる環境は整っている。

日々進歩している業界なので、技術に関する勉強を続けることが必須。

なお、デザインにあたり、普遍的な「グラフィックデザイン」の知識があると役に立つはず。

UI/UXデザイナー

UI(ユーザーインターフェース・ユーザーが接触する画面)、UX(ユーザー体験)をデザインする職業。

WEBサービスなどが如何に分かりやすく機能的に使えるか、如何に心地よく体験できるかなどを踏まえて、画面配置やボタンデザインなどを考えて作りこむ。

比較的新しい職域で発展途上。需要も拡大していくと思われるので、しかっり身につける価値はあるはず。

プロダクト系デザイナー

工業製品のデザインをする職業。

職域は電子レンジなどの家電から、車や家具まで幅広い。

それぞれのジャンルに応じた専門知識が必須で、強度・電気・電子なども含めて工学系の知識も求められる。

主にメーカー内で働いたり、伝統的な産業の場合は、職人として弟子入りすることで、修行から始めることが多い。

インダストリアルデザイナー

工業デザイナー。

ボールペンなどの文具から電車・家具まで、幅広く工業製品を手がけるデザイナー。

学校などで学ぶことで就職できることが多く、個人で未経験からでは参入障壁が高い。

しかし3DCAD(3次元キャド)を学べば、3Dプリンタの発達などにより、モノづくりのためのプラットフォームを利用することで個人でメーカーを立ち上げることも可能な時代になってきている。

ファッションデザイナー

洋服やアパレル用品をデザインする仕事。

専門学校などで学んでアパレルメーカーに就職することが多が、趣味から始めて自分でブランドを立ち上げている事例もある。

最近はデザイン画をアップすれば、パターン・縫製をしてくれるアパレルブランド立ち上げサービスなどもある。

このページのまとめ

このページでは代表的なデザイナーの種類についてまとめました。

もし興味を持ったのなら、ぜひデザインを仕事にする魅力とメリットのページも読んで見てください。

デザイナーを目指すためのプランが、より具体的になると思いますよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
CHABU

CHABU

グラフィックデザイナー。印刷会社・小売業・専門学校でデザイン・企画広報・広告宣伝業務を経験後、フリーランスとして活動中。デザイン系専門学校では講師をしつつ、進路相談もしました。
詳しく見る

更新日:

Copyright© DesignerBASE , 2017 All Rights Reserved.