デザインの学び方

デザイン系の民間スクールで学ぶ方法・手順とメリット・デメリット

このページでは、デザイン系の民間スクールで学ぶ方法・手順とメリット・デメリットを書いています。

なお、この方法をおすすめできるのは、主に次のような人です。

  • 非デザイン系大学生・専門学校生
  • 社会人・主婦

すでに他の分野を学ぶ学校に通っていたり、仕事や主婦業など、他のことと並行してデザインを学びたい人は、この方法が最適です

ちなみにデザインを仕事にするには、次の2つのことを学ぶ必要があります。

  • デザインのセオリーと知識・技術のこと
  • デザインを形にする道具・ツールの使い方

民間のデザインスクールでは、この2つを学べる場合と、どちらかに特化している場合があります。

自分の方向性と合わせて、最適なスクールを選ぶようにしましょう。

なお、民間のデザインスクールで学ぶ場合はデザイナーの種類と仕事内容。グラフィック・WEB・プロダクトデザインなどの職種を理解しよう。の記事で説明している中でも、主にグラフィック系とWEB系のデザイナーを目指すことになります。

グラフィック系のデザインは、様々なデザインの基礎となりますので、ぜひ身につけておきましょう。今後の幅が拡がるはずです。

民間デザインスクールで学ぶ方法・手順

情報収集

始まりは、何はともあれ情報収集からです。できるだけ情報を集めた上で、最適な選択をするようにしましょう。

民間のデザインスクールには、大きく分けて次の2つの形態があります。

  • 通学型スクール
  • 主に通学して授業を受ける形式。何人か同時に受講する方法と、マンツーマンでレッスンする方法がある。

  • オンライン型スクール
  • インターネットを利用してオンラインで受講する方法。動画やチャットなどを使って自分のペースで学習します。

民間のデザインスクールはたくさんありますが、ある程度知名度があるところを中心に検討すると安心です。

講師陣が充実していたり、機器や情報が最先端の場合が多いからです。

情報収集の方法は、各学校に直接資料請求するのが一般的。次にいくつか候補をあげておきますので、まずはここから資料請求してみてください。

業界の情報やカリキュラムなど、送付されてくる資料自体が参考になるはずです。

また、比較検討のために複数の資料を取り寄せて見るのがポイントです。

無料でできるデザイナーへの第一歩です。勇気を持って踏み出してみましょう!

おすすめ:通学型スクール
通学型はリズムを作って確実に学びたい人におすすめ。直接講師や仲間と話ながら切磋琢磨できるのも魅力です。

おすすめ:オンライン型スクール
オンライン型は、地方に在住でも本格的に学びたい場合や、通学時間を節約しつつ自分のペースで学びたい人におすすめ。通学に比べて安価なのも魅力。

情報の選定

資料が到着したら情報から、自分の目的と照らし合わせていくつか候補をピックアップしてみましょう。

夜間や土日など自分が通える時間の講座があるかをチェックしたり、下記の2つの両方を学ぶのか、片方を学ぶのかを考慮して見るのも良いでしょう。

  • デザインのセオリーと知識・技術のこと
  • デザインを形にする道具・ツールの使い方

説明会・体験

通学型の講座であれば、実際に足を運んでみて説明を聞いてみましょう。ここで疑問点を解決しておくことが重要です。

オンラインの場合は、無料体験などがある場合もあるので体験してみましょう。また、疑問点はメールなどで解決しておきましょう。

申し込み

自分の目的にあったスクールが見つかったら、申し込みをして学習をスタートします。

デザイナーになるために、計画的に学習しましょう。自分の名刺やホームページを作ったり、サークルのチラシを作るなど、実践をしながら学ぶのがおすすめです。

民間デザインスクールで学ぶメリット・デメリット

次にメリットとデメリットについて考えておきましょう。自分にとってデメリットよりもメリットが重要であれば、もう迷う必要はありません。

できることから行動に移していきましょう。

メリット

メリットは下記の通り。学校ごとの特典など資料を請求して参考にしてみましょう。

  • 教育訓練給付金が使える場合がある
  • 高価なデザインソフトが付属している場合がある
  • 多彩なカリキュラムで時間・期間を都合に合わせて学べる
  • カリキュラムに沿って必要なことを、回り道せずに学べる
参考:教育訓練給付金について

一定の条件を満たした方が厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合、修了時点までに実際に支払った学費の20%(上限10万円)が支給される制度。

デメリット

デメリットは下記の通り。住む地域によっては選択肢がやや少なくなります。

  • 地方によっては通学型がない場合がある
  • オンラインの場合は自己管理が必要
  • 独学に比べて費用がかかる

このページのまとめ

このページでは、デザイン系の民間スクールで学ぶ方法・手順とメリット・デメリットを書きました。

在学期間も3ヶ月〜1年程度と多彩なので、自分の都合に合わせつつ受講してみましょう。

ちなみに独学と併用すると、より理解が深まると思います。

とはいえ、まずは情報収集が大切です。資料請求は無料でできることなので、本気なら早速行動に移しましょう。

行動することで、どんどんイメージが明確になっていくものです。応援しています!

おすすめ:通学型スクール
通学型はリズムを作って確実に学びたい人におすすめ。直接講師や仲間と話ながら切磋琢磨できるのも魅力です。

おすすめ:オンライン型スクール
オンライン型は、地方に在住でも本格的に学びたい場合や、通学時間を節約しつつ自分のペースで学びたい人におすすめ。通学に比べて安価なのも魅力。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
CHABU

CHABU

グラフィックデザイナー。印刷会社・小売業・専門学校でデザイン・企画広報・広告宣伝業務を経験後、フリーランスとして活動中。デザイン系専門学校では講師をしつつ、進路相談もしました。
詳しく見る

更新日:

Copyright© DesignerBASE , 2017 All Rights Reserved.