デザインの学び方

独学+民間スクールでデザインを学ぶ方法・手順とメリット・デメリット

このページでは、独学+民間スクールでデザインを学ぶ方法・手順とメリット・デメリットを書いています。

この方法をおすすめできるのは、次のような人です。

  • 非デザイン系大学生・専門学校生
  • 社会人・主婦

デザイン系の民間スクールで学ぶ方法・手順の記事と、独学でデザインを学ぶ方法・手順の記事でも書きましたが、独学と民間スクールを組み合わせて、コストを抑えつつ効率的に学ぶのは、すごくおすすめです。

デザイナーになるために学べき、次の2つのことの片方を独学で、片方を民間スクールで学ぶということです。

  • デザインのセオリーと知識・技術のこと
  • デザインを形にする道具・ツールの使い方

例えば「デザインを形にする道具・ツールの使い方」を民間スクールで学ぶと、手探りでツールの使い方を覚えるより効率的です。

また、デザインを形にする代表的な道具である、Adobe(アドビ)のIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)が付属してくる講座などもあるので、ツールを揃えるコストを考えると金額的にもお得になる場合もあります。

効率的に学ぶべきことを学び、かつコストも極力抑えたい場合は、この方法をおすすめします。

それでは、手順を見ていきましょう。

独学+民間スクールでデザインを学ぶ方法・手順

前述した通り、デザインを学ぶには次の2つのことを並行して学ぶ必要があります。

  • デザインのセオリーと知識・技術のこと
  • デザインを形にする道具・ツールの使い方

そこでおすすめなのは、「デザインのセオリーと知識・技術のこと」を独学しつつ、「デザインを形にする道具・ツールの使い方」を民間のスクールを利用して学ぶ方法です。

民間スクールを利用すると、独学をするにしても絶対に必要になってくる「デザインソフト」をお得に入手できる可能性があります。そのために民間するスクールを利用するのも一つの手段となります。

民間スクールの情報を集める

まずは民間スクールの情報を集めましょう。資料請求して送付されてくる資料自体も、学習内容やカリキュラム、デザイン業界の情報など、勉強するのに役立つ情報がいっぱいです。

手順は、デザイン系の民間スクールで学ぶ方法・手順とメリット・デメリットの記事を参考してください。

独学をスタートする

次にすぐにスタートできる内容を独学で始めましょう。デザインの考え方や基本を学ぶことは、本・書籍で始めることができます。

手順や参考書籍は、独学でデザインを学ぶ方法・手順とメリット・デメリットの記事を参考にしてください。

必要な情報を網羅的に解説しているので、順を追って進めて頂ければ、しっかりと学習できると思います。

民間スクールの受講を始める

上記の独学でデザインを学ぶ方法・手順とメリット・デメリットの記事中でも、「デザインソフトの入手・基礎の勉強」の部分がありますが、ここまできたら民間スクールを利用してみましょう。

お得にデザインソフトを入手しつつ、効率的にデザインソフトの使い方が習得できるはずです。

もちろん、民間スクールでデザインの全てを学ぶよりも、とても低コストで学ぶことができます。講座によっては、デザインソフト単体で買うのと同じくらいの価格でレッスンも受講できる場合があります。

独学+民間スクールでデザインを学ぶメリット・デメリット

この方法はメリットが多い勉強手法ではありますが、念ためメリット・デメリットも確認しておきましょう。

メリット

この方法のメリットは次の通りです。

  • 独学とスクールの良いとこ取りができる
  • 仲間ができたり、必要な情報を無理なく学習できるなどスクールのメリットを享受しながら、独学で能動的に学ぶことができます。

  • デザインソフトをお得に入手できる可能性がある
  • スクールに入ることでデザインの学生扱いになり、アカデミック版のソフト購入資格を得ることができる場合があります。

デメリット

この方法のデメリットは次の通りです。

  • 少なからずスクール費用が発生する
  • 独学だけよりは、費用がかかる場合が多くなります。必要な部分だけをスクールで学習するようにコースを選ぶ必要があります。

  • 学習計画をしっかり立てる必要がある
  • 独学とスクールの並行学習なので、ペースが乱れないよう計画的な学習を心がけないと継続できない可能性があります。

このページのまとめ

民間スクールのカリキュラムを参考にすると、より効率的な学習が期待できます。

まずは情報収集もかねて資料だけでも見てみると良いかと思います。資料請求は無料でできることなので、臆せずに行動してみましょう。

行動することで、どんどんイメージが明確になっていくものです。応援しています!

おすすめ:通学型スクール
通学型はリズムを作って確実に学びたい人におすすめ。直接講師や仲間と話ながら切磋琢磨できるのも魅力です。

おすすめ:オンライン型スクール
オンライン型は、地方に在住でも本格的に学びたい場合や、通学時間を節約しつつ自分のペースで学びたい人におすすめ。通学に比べて安価なのも魅力。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
CHABU

CHABU

グラフィックデザイナー。印刷会社・小売業・専門学校でデザイン・企画広報・広告宣伝業務を経験後、フリーランスとして活動中。デザイン系専門学校では講師をしつつ、進路相談もしました。
詳しく見る

更新日:

Copyright© DesignerBASE , 2017 All Rights Reserved.