デザイナーの仕事とは。

デザインを仕事にする苦労とデメリット。スキルアップで克服して、一歩上のデザイナーになろう。

このページでは、デザインを仕事にする苦労とデメリットについて書いています。

これまで下記の記事で、デザイナーの種類・仕事内容と魅力とメリットについて書いてきました。

しかし、どんな仕事でも苦労やデメリットはつきもの。

ここでは、デザイナーという仕事の大変な部分について知っておきましょう。

デザインを仕事にする苦労

どんな仕事にもあることなので当然ですが、デザインを仕事にする魅力とメリット。多様性ある働き方と手に職を持つ可能性。で述べたような魅力・メリットとは裏腹に、デザイナーにも苦労はあります。

ただ、苦労については、仕事のやり方や考え方で回避したり、メリットに変換することができます。

まずは、苦労をきちんと把握した上で、それを上回る魅力を手に入れることが大切です。

緊急な仕事が多い

特にチラシやDMなどを作る、広告や販売促進の仕事では、緊急の仕事が舞い込むことが少なくありません。

これはお客様も日々改善をしながら営業戦略を練っており、タイムリーに企画を実行する必要があるので、仕方のないことですね。

ですので、どうしても急な残業や休日出勤が必要になることもあります。

これは、お客様と長く付き合うことで、お客様の業界の流れをつかみ、先取りした提案をすることでスムーズになることもあります。

デザイナーの仕事とは。デザインの意味と知っておくべきデザイン業界こと。で書いたように、見た目のデザインだけでなく、企画や戦略から関われるようになることが重要な要素です。

業務時間が長くなりやすい

デザイナーは、手を動かして一つひとつモノを作っていく仕事なので、どうしても一定時間にできる業務量に限りがあります。

特に企業内で自社の仕事をするインハウスデザイナーではなく、外部の仕事を受注するデザイン事務所や広告代理店では、昼間に外部の打ち合わせなどがあると、作業開始時間が遅くなりがちです。

また複数の案件が同時に進行する場合、特に年末や年度末は仕事が集中して、業務時間が長くなります。

これらは、経験とともにスキルアップしたタイミングで、インハウスデザイナーに転職したり、独立するなど、スキルとライフスタイルと相談しながら改善していく必要があります。

デザインを仕事にする魅力とメリット。多様性ある働き方と手に職を持つ可能性。でも書きましたが、スキルさえあれば、デザイナーは本当に多様な働き方が可能です。

まずはスキルアップに精一杯取り組みましょう。

判断はお客様(クライアント)になる

デザインの仕事現場では、お客様の好みだったり、思い付きからの不本意な修正が入ることが、しばしばあります。

最大限の対応をしたものの、度重なる修正をした結果、見た目も広告効果も、ひどいものになったりする場合も出てきます。

しかし、デザインのセオリーにのっとり、効果を見込んで、きちんと作り込んだものであっても、その理由をきちんと説明できなければ、こちらの提案に納得してもらうことはできません。

やはり、デザイナーの仕事とは。デザインの意味と知っておくべきデザイン業界こと。で書いたように、見た目を作る以前の企画・戦略段階に自信を持って携われるスキルを持つことが大切です。

そうすることで、このような苦労は少なくなっていきます。

デザインを仕事にするデメリット

下請け業務になってしまいがち

本来、仕事というのはお客様のパートナーになるという関係が望ましいですね。

しかしデザインを請け負うという仕事は、どうしても依頼されるという形に陥りやすく、指示されて動く下請け業務になりがちです。

上記のデザイナーの苦労の中で書いた通り、最終判断はどうしてもお客様になりますが、デザインのプロは自分側だという意識を持つことが大切です。

そして、きちんとスキルを磨いて責任を自覚し、自分のデザインの効果を説明することで、信頼して頂くことが、下請けからパートナーになる秘訣です。

デザインスキルだけでは今後は厳しい

とても魅力とメリットの多いデザイナーの仕事ですが、デザインスキルだけでは今後は活躍することが難しいと考えられます。

インターネットを利用した安価なデザインサービスが登場したことや、デザインソフトの性能が上がり、見た目がキレイなデザインをつくるハードルが下がったことも理由の1つです。

企業から仕事を受注するデザイナーになるのであれば、デザインスキルの他にもう1つの強みを持つ必要があります。

そういう意味では、他業界・他業種を経験した人がデザイナーを目指すことは、大きな強みになると思います。

美容師として活躍していた人が、美容業界専門のデザイナーになるなどです。

美容業界に精通した人が、戦略からデザインまで落とし込む。そうすることで、効果が出る確率は上がるはずです。

お客様と、デザインよりも、もっと踏み込んだ話もできるので信頼性も高くなりますよね。

ちなみに筆者は、小売業界の経験があったため、店舗系のクライアントからは経営まで踏み込んだ話ができ、良い仕事ができています。

運動不足になりやすい

上記の苦労・デメリットをみれば分かりやすいですが、長時間作業で座りっぱなしになることが多いので、運動不足になりがちです。

定期的に5分程度のストレッチを取り入れたり、通勤に自転車を取り入れたりする努力は必要ですね。

あとは、スキルアップして仕事の主導権を握り、運動する時間を取れるように調整できるようになれば完璧ですね。

このページのまとめ

色々な苦労やデメリットをあげてきましたが、どれもスキルアップで改善できることです。

もし本当にモノづくりやデザインの仕事をしたいのであれば、そんなことにめげずに、ぜひデザインの勉強とスキルアップに取り組んでみてくださいね。

きっと楽しく充実したデザイナーライフを始めることができますよ。

ぜひ次の記事、デザイナーになる方法。職業・環境・年齢別にデザインを仕事にする最適な手順。も読んでみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
CHABU

CHABU

グラフィックデザイナー。印刷会社・小売業・専門学校でデザイン・企画広報・広告宣伝業務を経験後、フリーランスとして活動中。デザイン系専門学校では講師をしつつ、進路相談もしました。
詳しく見る

更新日:

Copyright© DesignerBASE , 2017 All Rights Reserved.