デザイナーの仕事とは。

デザインを仕事にする魅力とメリット。多様性ある働き方と手に職を持つ可能性。

このページでは、デザインを仕事にする魅力とメリットについて書いています。

現在はデザインを学ぶハードルも、必要なソフト・機材を揃えるハードルも下がっているのでデザイナーになることを目指してスタートすることは、誰でも可能な時代になりました。

また、デザインスキルは、デザイン業界だけでなく、プレゼン資料などを作成するビジネスマンでも活用できるスキル。

デザイナーは資格なども必要ない職業なので、意欲と頑張りがあれば誰でもデザインを仕事にすることができます。

なお、下記の記事を事前読んでおくと理解が深まります。

デザインを仕事にする魅力

デザインを仕事にすることには、とても魅力があります。

楽しい。嬉しい。

まずは何よりも「楽しい!」ということでしょう。

自分で考え、形にしていく作業は、ものづくりが好きな人には最高の仕事です。

また「集客」などの結果が出ることで、クライアント(お客様)に喜んで頂けると二重の喜びとなります。

仕事が形として残る

そしてロゴマークや看板など、長く使用され、人目に触れる仕事は、そこに結果が目に見えて存在することから、満足感も高いです。

筆者もグラフィックデザイナーとして活動していますが、自分がデザインしたロゴや看板を街中で見かける度に、嬉しくてニヤけてしまいます。

仕事が世の中に残り続けるというのは、とても大きな魅力です。

本・書籍に作品が掲載される

さらに、自分の仕事をインターネットを通じて公開していると、出版社などから連絡があり、デザイン書への掲載依頼を頂けることもあります。

筆者もいくつかのデザイン書籍に掲載して頂いています。

第三者から評価して頂き、出版物で紹介されることは、デザイナーにとって大きな魅力であるとともに、クライアント(お客様)にとっても露出が増えて良い結果をもたらすことでき、一石二鳥です。

デザインを仕事にするメリット

上記の魅力があるだけでも、デザインをすることは大きなメリットですが、その職業の特性から様々なメリットがあります。

多様性のある働き方・ワークスタイル

デザイナーという仕事は、多くの就業形態で働くことができます。具体的には下記のような就業形態です。

  • 就職して企業内で働く
  • 就職して在宅ワークする
  • 独立してフリーランス・個人事業主として働く
  • 就職・派遣・アルバイト + 副業フリーランス・個人事業主
  • 起業して事業をする

また、スキルがものをいう職業なので、経験と実績があれば転職もしやすい職業なのもメリットです。

具体的なデザイナーの働き方とキャリアアップ方法については、デザイナーの働き方の記事を参考にして見てください。

自分でモノ作りができる

デザイナーは自分でモノを作り出せるので、上記の就業形態で「受託制作となるクライアントワーク」をするだけでなく、メーカーとして製品を制作・販売することも可能です。

デザインを仕事にする苦労とデメリットの記事でも書いていますが、受託制作はクライアント(お客様)ありきであり、採用するデザイン案などの最終決断は先方に委ねる必要があります。

しかし、上記の「起業して事業をする」というワークスタイルの一つとして、自社製品を販売することで、この問題を解決できます。

これは自分でデザインできるという、デザイナーという職業の大きなメリットです。

自分の裁量で多く稼げる

会社員としては、特に給料の多い職業というわけではありませんが、上記のように多様な働き方があるため、転職でのキャリアアップや独立開業がのぞめます。

つまり実績と頑張り次第では、大きな収入を得ることも、十分に可能になります。

独立や起業まで考えることができるのは、とても大きなメリットです。

もちろん、会社員でもチームリーダーやディレクターとして、管理職を目指すことで収入アップが見込めますよ。

このページのまとめ

デザイナーとして仕事をすることは魅力があり、かつ色々なメリットがあることが分かったと思います。

とはいえ、どんな仕事でも苦労やデメリットはつきもの。

よりデザインを仕事にすること理解するために、デザインを仕事にする苦労とデメリットもチェックしておきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
CHABU

CHABU

グラフィックデザイナー。印刷会社・小売業・専門学校でデザイン・企画広報・広告宣伝業務を経験後、フリーランスとして活動中。デザイン系専門学校では講師をしつつ、進路相談もしました。
詳しく見る

更新日:

Copyright© DesignerBASE , 2017 All Rights Reserved.